豊胸手術-脂肪注入法

豊胸手術脂肪注入法は、自分自身の脂肪細胞が得られれば、それ

を注入用の材料として使用することができます。しかし、今までの

脂肪注入法は、豊胸手術後、胸が凸凹になってしまう等トラブルが

起こる場合がまれにありました。 その原因は注入した脂肪細胞を

細胞単位にまで分解しきれていない為、脂肪細胞へ血液供給がなさ

れていないからです。

そこでECM豊胸手術では、脂肪細胞を分離・精製し、脂肪を注入

時に自己コラーゲンを混ぜ粘性を加えます。そのコラーゲン層内に

新しい血管網が作られ脂肪細胞へ血液が供給され、細胞が生着可能

となります。 もちろん、自分自身のコラーゲン、脂肪を使用する為、

副作用、アレルギー反応も全くありません。

<豊胸手術モニター実施クリニック情報>

posted by マキ at 21:25 | Comment(26) | TrackBack(7) | 豊胸手術について

豊胸手術ECM注入法

豊胸手術ECM注入法とは、脂肪吸引の技術を応用した再生医療の

ことです。可能な限り生体に近い状態で脂肪組織の構成成分を注入

し、生体内で脂肪組織を再形成させるので、安全性がきわめて高い

豊胸手術です。吸引した脂肪を少しでも有効活用したい人や人工乳

腺などの異物を挿入することに抵抗を感じる人、腹部や下半身が太

っているわりにバストが小さいと悩んでいる人などにいいと思います。

豊胸手術ECM注入法は、切開をしないために傷跡も残らず、異物

挿入による拒絶反応もほとんどないのが特徴です。

この注入法により、従来成し得なかった、自然で何の違和感もない

乳房を形成することが、 初めて可能になりました。

<豊胸手術モニター実施クリニック情報>

posted by マキ at 18:27 | Comment(1) | TrackBack(0) | 豊胸手術について

最新の豊胸術

豊胸術にはバッグを用いる人工乳腺法と自分の脂肪を用いる脂肪注入

法があり、人工乳腺法の歴史は約30年前から始っています。

しかも、ここ数年で急速な進歩を遂げおり、毎年と言っていいほど新

しいバッグが開発されています。豊胸専門クリニックであるならば、

全てのバッグを取り揃えておいて欲しいものですね。

そして、その様々な種類のバッグを実際に見て、触って確かめること

ができ、専門医の豊富な経験と実績を基に、希望や体型に合ったもの

をご提案してもらったとしたら、豊胸術を受けるほうとしては、すご

く安心できます。

最新の豊胸バッグには従来のものよりさらに柔らかい感触で実際のバ

ストに限りなく近いものもあり、希望や体型を考慮した最適なバッグ

と最先端の豊胸術で自然で美しいバストアップを実現したいですね。

<豊胸手術モニター実施クリニック情報>

posted by マキ at 10:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 豊胸手術について

豊胸手術に対する疑問

豊胸手術では最大何サイズアップできるのでしょうか?

サイズとしては何サイズアップでも、希望のサイズにする事が可能で

す。 しかし、あまりに大きいバッグを入れると、その人の筋肉のつき

方や体格などによっては不自然になる可能性もありますから注意が必

要です。

サイズに関しましては カウンセリングの際にドクターに経験からのア

ドバイスを受けて決めたほうがいいと思います。

最先端の美容外科では、最新型の安全性の高い豊胸用のバックを各種

・各サイズ取りそろえいまうので、バッグの種類を限定することなく、

実際に自分の手で感触を確かめながら信頼性の高いものを医師と一緒

に決めることができるので、安心です。

<豊胸手術モニター実施クリニック情報>

posted by マキ at 16:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 豊胸手術について

豊胸 バストアップ

いくら豊胸 術でバストアップして憧れのバストを手に入れて

も、お腹周りがたるんでいたら、目もあてられませんよね。

バストはアップ、そしてウエストはダウンして理想のプロポ

ーションに近づきたいものです。豊胸 バストアップとエクサ

サイズや食事制限によるダイエットは、必ず両立しなければ

意味がないですよね。

しかし・・ダイエットが先か?豊胸バストアップが先なのか?

実際、悩みませんか?


※豊胸キャンペーンの最新情報を見る!

<豊胸手術モニター実施クリニック情報>

posted by マキ at 08:07 | Comment(0) | TrackBack(1) | 豊胸手術について

豊胸クリニックについて

豊胸クリニック
 
日本中で豊胸術を行っているクリニックはたくさんありあ

りますが、一体どのクリニックを選べばよいのか難しくな

っています。そこで、豊胸手術を受けるにあたり、重要だ

と思われるいくつかのポイントを挙げてみましたので是非

参考にされてくださいね。

【脂肪注入法しかしていないクリニック】

充分な効果を期待するのは難しいと思われます。脂肪注入

法のみならず、高度な技術を必要とする人工乳腺法も行っ

ているクリニックの方が技術的に信用できると言えます。



【特殊なバッグを理由にとても高い料金を請求するクリニック】

日本全国で1つのクリニックが独占的にそのバッグを開発

したり、使用できて、他のクリニックが使用できないとい

うバッグはありえません。差別化するためにほんのわずか

に違うものを、人工乳腺を作っている会社に発注して、そ

れをオリジナルといっているケースはあります。

特別な名称は、そのクリニックが勝手に名付けたものが多

いようです。


その他にも、手術後のマッサージやアフターフォローはク

リニック選びで重要な要素です。

しかし最近は、本当に豊胸術について専門知識や技術力の

あるクリニックでも、その需要の性格上、お得なキャンペ

ーン期間が設定されていたりしますので、こまめに情報は

チェックしましょう!

<豊胸手術モニター実施クリニック情報>

posted by マキ at 17:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 豊胸手術について

プチ 豊胸術について

SUB-Qを用いたプチ豊胸術


人工物などを挿入するのに抵抗のある方や、短期的な豊胸

がお望みの方に適していると思います。


レスチレン「SUB-Q」は、明澄透明な粘性ゲルで、唯一の

非動物性安定化ヒアルロン酸製剤です。ヒアルロン酸はよ

く耳にすると思いますが皮膚や皮下および結合組織中のほ

か、滑膜組織および滑液中に重要な構造要素として存在す

る天然の多糖です。ヒアルロン酸は全生物を通して種差が

認められない数少ない物質群のひとつです。

よく分かりにくい説明になってしまいましたm(_ _)m

もっと分かりやすい、SUB-Qプチ豊胸術についての情報

もこのブログに掲載しておりますので、ご確認下さい。

<豊胸手術モニター実施クリニック情報>

posted by マキ at 17:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 豊胸手術について

豊胸術で胸を大きくしたい!

豊胸術で胸を大きくしたい!

豊胸術の脂肪注入とバッグではどちらがいいのか?

豊胸術の脂肪注入は自分の脂肪を脂肪吸引で取り、それを注射で

胸に注入するので、自然な仕上がりになります。しかも太ももや

おなかの脂肪が気になる人には、プロポーションを整える効果が

あります。

しかし問題は、そこまでバストアップできないことです。

平均1〜1.5カップぐらい、ひとまわりぐらい大きくできます。

うまくいけば2カップぐらい大きくすることができますが、逆に

取れる脂肪の量が少なかったりすると、0.5カップぐらいしか

大きくならない場合もあります。従って今より2カップ以上大き

くしたいという人には勧められません。

でも全く変わらないということはなく、今よりバストアップはで

きます。

豊胸バッグの方は、バッグの大きさが50cc〜500ccぐらいまで

10cc単位であり、自分でどれくらいバストアップしたいかによっ

て、豊胸の加減を決められるので、自分が思った通りの大きさの

胸にすることが可能です。

豊胸術に使う最近のバッグは、触った感じも自然の胸に近づき、

耐久性も向上していますので、破れたりすることもほどんどなく

、何十年も大丈夫だと言われています。

しかし健康診断などで撮るレントゲンには最近のバッグはほとん

ど写りませんが、より詳しく調べる乳ガン検診などで用いられる

最新の画像診断装置には写りますので、あらかじめお医者様に言

っておく必要があります。

あと仕上がりも自然でバッグが入っているのがわからない人もい

ますが、なかにはよく触ってみるとバッグが入っているのがわか

ってしまう人もいます。

これはその人のもともとの胸の大きさや脂肪のつきぐあいや、形

などによる要素が大きいですが、バッグの種類や大きさ、バッグ

を入れる場所(乳腺下か大胸筋下か)によっても違ってきます。

安全面でいいますと、脂肪注入もバッグも同じです。

術後のトラブルや合併症も新型のバッグを用い、技術のしっかり

したクリニックで行えば、脂肪注入もバッグもほとんどありませ

ん。クリニック豊胸術を行う場合は、しっかりした技術のある、

信頼できるクリニックで!

<豊胸手術モニター実施クリニック情報>

posted by マキ at 11:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 豊胸手術について

豊胸術

豊胸術 脂肪注入法
 
脂肪注入法とは、脂肪吸引の技術を応用した安全性が高い

豊胸術です。脂肪注入法では、バストを飛躍的に大きくす

ることはできませんが、吸引した脂肪を少しでも有効活用

したい人や人工乳腺などの異物を挿入することに抵抗を感

じる人、腹部や下半身が太っているわりにバストが小さい

と悩んでいる人などに適した豊胸術です。

また、切開をしないために傷跡も残らず、異物挿入による

拒絶反応もほとんどありません。

理想的な豊胸術のような脂肪注入法ですが、手術の成功に

は医師の高い技術力が必要となります。このブログではも

っと詳しい脂肪注入法の情報や、信頼できる医師の紹介も

多数掲載していますので、確認されたらあなたのお役に立

てると思いますよ。

<豊胸手術モニター実施クリニック情報>

posted by マキ at 07:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 豊胸手術について

豊胸 バストアップ

豊胸 バストアップ

豊胸・バストアップ・バストの形など、胸の悩みを持つ女

性は多く、大きさや形ばかりでなく硬さや感触も気になる

要因になっています。

【人工乳腺の歴史】

人工乳腺は日々改良されており、新しいバッグが次々と登

場しています。いわば新製品ですね。約10年前までは流

動性のシリコンの入ったバッグが世界的に使用されていま

したが、その流動性のシリコンが健康に悪影響を及ぼすと

いう指摘がなされ(その後の研究で影響がないと結論づけ

られましたが)、一時的に使用中止という状態になってし

まいました。



そのシリコンに代わるものとして、生理的食塩水というバ

ッグが使用されてきました。安全であることを第一に考え

られているわけですが、感触がやや不自然であることや内

容物の生理的食塩水が漏れやすいことが問題点とされてき

ました。



さらに約2年前からは、感触がよいといわれているハイド

ロジェルバッグやCMCバッグが出てきました。しかし、

内容物が流出すると不都合が生じるということであまり普

及していません。これに対して、内容物が流出しないコヒ

ーシブバッグが開発され、多用されるようになりました。

この流動性のないことを利用して、本来の乳房の形に近い

アナトミカルタイプ、さらにアシンメトリータイプと改良

されてきました。


<豊胸手術モニター実施クリニック情報>

posted by マキ at 07:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 豊胸手術について

美容整形 豊胸術

美容整形 豊胸術
 
豊胸 バストアップ・バストの形など、胸の悩みを持つ女

性は多く、大きさや形ばかりでなく硬さや感触も気になる

要因になっています。これらは成長期の発育やホルモンの

関係ばかりでなく、出産や授乳、加齢による衰えが原因の

場合も多くあります。

「最新の豊胸術というのはどういうものか?」

「なぜいろいろな手術方法があるでしょうか」

といった疑問をお持ちのかたも多いのではないでしょうか?

豊胸の手術方法には、大きく分けて【脂肪注入法】と

【人工乳腺法】の2つがあります。

【脂肪注入法】は、まず自分の痩せたいところを脂肪吸引

し、その脂肪をバストに注入します。注入する方法は、乳

腺上、乳腺下、大胸筋下などの多層に分けて注入します。

こうすることで脂肪が注入された場所で存在していく確率

をよくすることができます。

【人工乳腺法】は、現在行われている豊胸手術のほとんど

になります。人工乳腺として使用されるバッグは、安全で

あり、形よく仕上がり、感触も柔らかで自然であることが

求められます。当然 バッグにも品質の違いがあります。

豊胸手術を決断するまえに、できるだけ多くの知識を自分

で身につけておきたいですね。


<豊胸手術モニター実施クリニック情報>

posted by マキ at 10:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 豊胸手術について
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。